TWS01K

TWS01K

マニアのサブ機としてオススメの高音質完全ワイヤレスイヤホン。迫力の低音とクリアなボーカルを両立。

agブランドKシリーズはイヤホンマニアの普段使いとしても満足頂ける音質を最優先とした製品シリーズですマニアのサブ機を想定したKシリーズは"優れた"という意味の古語「かしこし」から命名しています。左右独立イヤホンの音質はスピーカー部分に力を入れられていない事が多く、ソフトウエア上のイコライザーに大きく頼って音質の調整がされていおり、特に高音域で聴き疲れするの音が発生する原因となっています。そうした現象を回避するために低域が過度に強調されていたりと、バランスの取れていない製品が多いのが現状です。私達は、ソフトウエア上のイコライザー無しでも十分満足できる音質にまでスピーカーの音響特性を追求した上で、Bluetoothに起因する高音域の気になる部分のみ僅かにイコライザーで補正するという方法を採っています。そうした技術的裏付けにより、十分な低音感とクリアなボーカルという両立が難しい音質を実現しております。

特長

オーディオブランド

final監修の

高音質仕様

途切れにくく高音質なaptX™️対応

最大54時間の

音楽再生

清潔仕様

小さい耳対応

紛失の際は

片耳購入可能

ディfinal監修の高音質仕様

音質は、日本のオーディオブランドであるfinalが全面監修。Bluetooth®️特有の聴き疲れしやすい音質を抑え、迫力のある低音とクリアなボーカルを両立したサウンド。

途切れく高音質aptX™️対応

SBCAACに加え途切れにく高音質なコーデックであるaptX™️にも対応iPhoneAndroidの幅広い機種に対応しペアリングも容易。

最大54時間の音楽再生

一回の充電で最9時間の音楽再生を実現付属の充電ケースを使えば最54時間もの再生が可能です。

清潔仕様

耳垢が目立ちにくい半透明イヤーピースを採用し、人前で外した際にも汚れが目立たず、快適に使用することができます。

小さい耳にも対応

耳の小さな方にもご使用いただけるように、装着感に定評のあるfinalのイヤーピーTYPE ESS/S/Mサイズを同梱

紛失の際は片耳購入可能

うっかり片耳を紛失した際も、片耳の購入が可能です。詳しくはSUPPORTページの「片耳購入について」をご確認ください。

各部の名称

充電ケース

A

LEDインジケーター

C

多機能ボタン(MFB)

E

LEDインジケーター

B

USBポート

D

マイク

イヤホン

スペック

型番

AG-TWS01K

通信方式

Bluetooth®️ 5.0

チップセット

Qualcomm®️ QCC3020搭載

再生周波数帯域

20Hz〜20KHz

​対応コーデック

SBC, AAC, Qualcomm® aptX™ audio

対応プロファイル

A2DP, AVRCP, HSP, HFP

連続音楽再生時間

aptX™️®️:6時間
SBC/AAC: 9時間(ケース込み最大54時間)

連続通話時間

4時間

連続待ち受け時間

128時間

充電時間

2時間

バッテリー容量

イヤホン片耳45mAh/ケース800mAh

アクサリー

充電ケース・イヤーピース3サイズ・イヤーピース(final TYPE E)3サイズ・USBタイプC充電用ケーブル

L

M

S

イヤーピース

イヤーピース( final TYPE E )

M

S

SS

使用方法

イヤホンの電源をONにする

イヤホンを充電ケースから取り出す/電源OFFの状態でMFBボタンを1回押す

イヤホンの電源をOFFにする

MFBボタンを約3秒押し続ける/充電量が十分な充電ケースに収納する

MFBボタン各種機能

※親イヤホン:スマートホン等の機器のBluetooth設定画面で「接続済み」と表示される側が親イヤホンです。

接続する機器によっては、機能しない場合があります。

ペアリング方法

1. 左右のイヤホンを取り出すと、自動的にペアリングモードになり、 LEDインジケーターはオレンジ・白に交互点滅します。

2. スマートホン等の機器のBluetooth機能をONにし、画面に「TWS01K」が表示されたら選択します。

3. 画面に『Bluetoothペアリングの要求』のポップアップが表示されますので、「ペアリング」を選択します。接続する機器の画面に「TWS01K_L接続済」or「TWS01K_R接続済」と表示されましたら左右のペアリングは完了です。※どちらかに接続済と表示されればペアリング完了です。

装着方法

左右を筐体裏側にあるL(左)、R(右)の表示にてご確認ください。本体を持ち、少しねじるように押し込んで、両耳に装着します。装着位置によって音質が大きく変化しますので、音楽を再生しながら、片方づつ本体を立体的に動かし、最も好ましく聴こえる位置に合わせて下さい。それが最適位置(ベストポジション)です。

 

一度体験すると、二度目からは無理なく位置を合わせる事が可能です。低音が不足していると感じられる際は、イヤーピースの密閉が不足していると考えられます。耳が小さめの方で、小さめサイズでも解消されない際には、大きめサイズをお試し頂く事が効果的であることもございます。
*通常、耳の形状は左右でかなり異なります。そのため、イヤーピースのサイズや最適位置は左右の耳で異なります。

  • Twitter

copyright 2019 final Inc.

このサイトはag社製品の国内総代理店である株式会社finalが運営しています。

200519_ag-web_badge_DS.png