ag×私立恵比寿中学インタビュー


2020年12月17日「音楽ナタリー」掲載の、私立恵比寿中学 様インタビュー記事をご紹介!



<クレジット>

取材 / 臼杵成晃(音楽ナタリー) 文 / 鈴木身和(音楽ナタリー) 撮影 / 須田卓馬



<本文>

──今回、エビ中のメンバーが2人ずつのペアを組んで計3種類のagコラボイヤフォンを制作しました。それぞれがこだわったポイントや、制作過程のエピソードなども聞いていけたらと思います。まずは真山さんと小林さん、お二人はどのように制作を進めましたか?


小林歌穂 けっこう分担したよね。


真山りか そうだね。(小林)歌穂ちゃんは絵が得意ということでケースのイラストをお願いして。代わりに私は音をがんばって選ぶと。












小林 今回せっかくペアだからペア感が出ればいいなと思って、ケースのイラストに2人の出席番号の3と11を入れたんです。私たちの歌を皆さんのお耳にお届けしたいということで、エビが耳の近くで歌っている絵を描いたんですけど、耳が3の形で、エビの触覚が11の形になっていて、ここでペア感を出させていただきました。


真山 音はわりとフラットめな、幅広く聞こえるタイプを選びました。高音が耳に痛くなく、低音もよく聞こえる。基本的にずっと音楽を聴いていても疲れないような音質です。エビ中の曲って「トレンディガール」みたいに低音がズーンとくるような曲もあれば、「PANDORA」みたいな高音がバシーンとくる曲もあって幅広いと思うんですけど、どっちもちょうどいいバランスで聴ける音を選びました。




──では柏木さんと安本さんのチームは?


柏木ひなた 基本的にヤス(安本)がやりました(笑)。私も制作の現場にはいたんです! いたんですけど、同意を求められたときに「うん、そうだね」っていう役割をしていました。




──承認役を(笑)。


柏木 そうです。私は承認役で、だいたいヤスが「こういう感じがいいね」っていうのを決めてくれて。色合いは自分たちのメンバーカラーの緑とオレンジを入れようと一緒に話していたんですけど、緑もオレンジも色の種類がいろいろありすぎて。最終的には安が「目指せ!EXIT」って言ったので、こういうパキッとした鮮やかな色になりました。








真山 確かにEXITさんが持ってそう(笑)。


柏木 中のイヤフォンは、最初ほかのチームみたいにエビのイラストを入れようと思っていたんですけど、せっかくだから2人の出席番号の5と10を入れようということになりました。音は完全にヤスに任せたのでちょっと……。


真山 聴いてみた感じはどうだった?


柏木 聴いてみたら本当にクリアに聞こえて、耳の中で響いてました。音選びは承認しかしなかったんですけど、使用モデルは一緒に決めたんです。お値段が決め手だったんですけど、「うちらは安いほうがいいよね」って。




──agブランドの中で品番が06のモデルはこの商品だけらしいですよ。


柏木 そうなんだ! やったー!




──星名さんと中山さんのチームはどうでしょう?


星名美怜 初めは私たちもお互いのメンバーカラーを入れたいよねと話していたんですけど、私と莉子のメンバーカラーはピンクと水色だから持てる人が女の子に偏っちゃうなあって。なのでケースをメンバーカラーにするのをやめて、中身のイヤフォンをピンクにして、柄を水色にしました。


柏木 あ、左右で柄が違うんだ。


星名 「絵を描きますか?」って聞かれたんですけど、画力がなくて(笑)。でもせっかくだからコラボ感を出したくて、エビ中のロゴを使いました。












中山莉子 エビ中のグッズでも校章を使ったものって意外と少ないよね? 新鮮かなと思って。


星名 ケースはシンプルに黒で。中身も黒だろうなと思いきや、開けてびっくり……。


中山 かわいらしい(笑)。ギャップ萌え。


星名 音は高音も低音も全体的にクリアに聞こえるバランスの取れた感じを選んでいます




──完成したイヤフォンで実際に試聴した感想も聞かせてください。着け心地はいかがでしたか?


中山 着け心地はすごくフィットします。さっき撮影のときに耳にはめていたらカメラマンさんの指示が聞こえなかったくらい(笑)。


柏木 それぐらいフィット感があるよね(笑)。


小林 私は音がいいなあと思って、普通に聴いちゃう。


星名 エビ中の曲も全部聴きやすいもんね。


真山 音はちょっとライブ感があると思った。


星名 うん、臨場感のある音だよね。


柏木 形も私たちがライブで使うイヤモニみたいだよね。


真山 わかるー! イヤモニにも出席番号が書いてあるから、ファンの人もおそろいみたいでうれしいよね。


柏木 おそろい! おそろい!




──柏木さんと安本さんのモデルだけほかの2組と仕様が違うんですよね。この06モデルだけゲームプレイや動画の視聴に最適な低遅延モードが搭載されています。


全員 へえー!


真山 すごくいい! リズムゲームとかするときに、ちょっとのズレが困るんだよね。美怜ちゃんも「CoD(Call of Duty)」とかやるからいいんじゃない?。


星名 うん。ちょっとの遅れで倒されちゃうこととかあるんだよね。


柏木 じゃあぜひお買い求めいただいて! こちら低遅延モードが付いて大変便利になっております!


星名 じゃあ、お互いに買うということで(笑)。




──あとの2つはタッチパネル操作ができたり、ワイヤレス充電に対応しているという特徴があります。


星名 ハイテク!


小林 本当に助かる。















──これは3タイプに共通して言えることなんですけど、音の分離がすごくいいなと思いました。


小林 確かに。「愛のレンタル」のイントロ部分もすごくクリアで、耳元でスネアを叩かれてるみたいに聞こえました。あと「制服“報連相”ファンク」のドゥーンっていうベースも生音を聴いているみたいだった。


真山 沈まずに聞こえるよね。


小林 あと、ハモりが聞こえてきたときに感動した!


真山 そうそう! 中音域がよく聞こえるからボーカルがすごく立ってる。「I'll be here」を聴いたときにボーカルがすごくはっきり聞こえてよかったな。




──柏木さんはどうでしょう?


柏木 すみません、私じゃなくて“彩花は”なんですけど(笑)、サウンドを決めるときに「playlist」(エビ中の最新アルバム)をワンコーラスずつ聴いていって、なにか感想を言ってくれるのかなと思ったら「ああ」「おお」ぐらいしか言わなくて(笑)。きっと彩花が何かいろいろ感じているんだろうなと思って、「これにするね」って言われたときに承認しました!




──「playlist」を元に音選びをした?


柏木 そうです。「playlist」にはいろんな音が詰まっているから、それが一番選びやすかったんじゃないかなと。




──それは「playlist」を聴くのに最適なサウンドになっているのかもしれませんね。


柏木 きっとぴったりだと思います!




──自分たちで作ったこだわりのイヤフォンを、ファンの皆さんにどういうふうに使ってほしいですか?


星名 イヤフォンって今の私たちの生活に欠かせないアイテムで、忘れるとけっこうテンションが下がるくらい大きなものだと思うんです。そういう日常の中で私たちのイヤフォンを一緒にいろんなところへ連れて行ってくれたらいいなって。ライブもなかなかできない中、このイヤフォンがエビ中の代わりというわけではないですけど、少しでも近い存在であれたらいいなと思います。


柏木 エビ中のライブアルバムをこのイヤフォンで聴いてくれたら、よりエビ中を身近に感じられて楽しいんじゃないかと思います。




──「『ちゅうおん』2020」のアルバムが出たばかりですしね。


小林 お家にいる時間が増えて、ご家族がいたりするときっと1人の時間が欲しくなるときもあると思うんです。そういうときにスッとこのイヤフォンを着けてほしい。


真山 没入アイテムとしても使ってほしいね。あとは通話もできるので、ビジネスの在宅ワークのお供にも。


小林 リモート会議とかね。




──パッケージもすごくこだわって作られています。それぞれの直筆サインがデザインされていたり、側面にはエビ中の“箱推し”カラーとして青色が3タイプ共通で入っています。


小林 これは箱も捨てられないですね。


真山 これめっちゃうれしいね!


小林 品番にも私たちのイニシャルが入っているんですね。


柏木 えっ? 本当だ、すごーい!


中山 自分たちが作ったんだって感じがするね!


柏木 「大学芸会2020」の前にこれで曲を聴いて予習してほしいですね。

















TWS07R-HN・TWS07R-MK商品ページ

https://www.a-g-japan.com/tws07rhn-tws07rmk


TWS06R-YK商品ページ

https://www.a-g-japan.com/tws06r-yk

  • Twitter

copyright 2019 final Inc.

このサイトはag社製品の国内総代理店である株式会社finalが運営しています。

200519_ag-web_badge_DS.png